読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌うたいのバラッド

今日だってあなたを思いながら 歌うたいは唄うよ

四畳半じゃ狭すぎる - ひまわりの夢

 

雫さん(@kilala2017)がシェアした投稿 -

 

Q.デビューした1990年代初期っていうのはどうでした?

そのころはまだバンドブームだったのもあって、弾き語りでやってるっていうだけで時代錯誤みたいな感じで言われたんで……自分としてはそれが新しいと思ってやってたから全然気になんなかったけど、レコード会社や事務所は、打ち出し方はだいぶ悩んだらしく。どうしても、アコギ(アコースティックギター)っていうのを売りにしたいけど、括られるのはイヤだと言いつつ、ついたキャッチコピーが「四畳半じゃ狭すぎる」とかっていう(笑)。「だからそういうのやめましょうよ」みたいな。

斉藤和義 - インタビュー - Yahoo!ミュージック より

 

朝方、悪夢を見ました。

仲がよかった友達が、

どこかの路上で大金を受け取り 2、3歩行ったところで

ピストルで撃たれたところを 私は見ていた

というストーリー。

 

その仲がよかった友達は病気を患っていたんですが、

私は助けてあげることができなかった。。。

それが、まだ心のどこかにあるのかな。

悲しい思い出。

 

目が覚めてしまった私は、朝刊を取りに行き

目にした言葉「ヴィンセント」

んん?

なんか聞いたことある言葉。

そういえば、せっちゃんの歌で「ヴィンセント」とか言ってたなと。

私には、ヴィンセントが誰なのかがわからず

せっちゃん よく知ってるなー。

いろんな勉強してるんだねーと ひとしきり関心。

のちに、検索して「ヴィンセントのひまわり」ということを知り

あぁ、ゴッホだったのねと気付いたのでした。

 

そして、TVを見ながら朝食。

みなさんご存じかと思いますが

www3.nhk.or.jp

 

どうしたんだろうな。

なにがあったんだろう。

これからどうするんだろう。

そんなことを考えつつ、

次々と若手も出てきて競争が大変だしねとか。

そんな中で、生き残るのは大変だよな。

せっちゃんも、自分を見失うことなく がんばってるなと。

 

そんなことを考えているうち、

私はこのままでいいのか?

今のままでいいのか?

と思い始めたのです。

 

人の褌で相撲を取ったり、

テキトーな写真載せたり、

流行のニュースをネタにしたり、

自分というものはあるのかい?

このスタイルで 長い間続けることはできるの?

と。

 

結果、これじゃダメだよな。

自分のスタイル。

どうあるべきか。

なにを続けるべきか よく考えなくちゃな

って思ったのでした。

 

昨日までは、

暇つぶし

ゲーム感覚で投稿していたことを否定できませんが

これからは もう少し大人になって

夢を追いかけていきたいな。

そう思った私です。

 

 

 

斉藤和義 - Wikipedia