読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池杉日記

いつか子供達にこの時代を伝えたい どんなふうに人が夢をつないできたか

防波堤の上 今日も独り立ち竦む

ポストカード「沖縄県竹富島 夕日の防波堤」photo by 宮西範直-えはがき絵葉書postcard-

 

今朝から

というよりは昨日の朝から。

いや、一昨日の夜からかも知れない。

自分で自分の気持ちがコントロールできない

そんな感じでした。

 

一時は、もう大丈夫。

って思ったのですが、まだまだ弱かったです。

ふと”防波堤の上"が聞きたくなりました。

ボリュームを上げて

何度も 何度も繰り返し聞いた。

 

悲しい程 自由

この歌詞が どんなことを言っているのか初めて考えた。

独りきり。

孤独な時間。

そして。。。

 

風よ 不意に俺の背中押すがいい

ためらわないで

 防波堤の上に立ち、強い風が吹いたらどうなるのか。

そんなことを、考えてみました。

 

やがて。

インターネットをしていて、浜田省吾さんのファンサイトを見つけました。

そのページには、わたしが知らなかった浜田省吾さんのライブレポートが

あり、生きる勇気を与えてくれました。

 

イメージの詩(1997 single)

イメージの詩(1997 single)

  • 浜田 省吾
  • ロック
  • ¥250

 

www.uta-net.com

 

迷いと混乱の中 沈んでいた一昨日

救ってくれたのは"Shogo Hamada & Takuro Yoshida

鐘が鳴るように蘇るOld  time Rock'n Roll"

心の中 叫んだ イメージの詩

 

hatenaブログ書いてるわたしは誰だ?

自分を探したfurui69

わたしの恋人は浜田省吾

そして今も夢中で追いかけてる