読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池杉日記

いつか子供達にこの時代を伝えたい どんなふうに人が夢をつないできたか

恋の歌謡日 Vol.1 アンチェインド・メロディ

 

 

 恋の歌謡日

 

曜日が曲名になっている楽曲をカテゴリーにして

記事を書いていた時期がありました。

その時に見つけた曲「恋の歌謡日」

ゆずの曲です。

 

このタイトル使えそうだなと。

今の時代、昭和歌謡うんぬんでカバーブーム。

謡曲とは いったいどんなものなのか。

わたしには、はっきりとした定義がわかりません。

こんな状態で、曖昧に記事を書くことも難しい。

だったら、いいとこどりでカバー曲を紹介しようか。

そんな風に考えました。

 

今日は、2016年2月23日。

火曜日です。

火曜日は、「恋の歌謡日」というコーナーで綴っていきたいと思います。

 

 アンチェインド・メロディ

 

第1回として、アンチェインド・メロディを選んでみました。

2015年12月26日 (土) 広島文化学園HBGホールで歌われたようです。

set-list.net

 

レポートを読んでみると、

リードボーカル町支寛二

リードギター浜田省吾

となっています。

 

アンチェインド・メロディ - Wikipedia

アンチェインド・メロディ(英語:Unchained Melody)は、1955年の楽曲。作曲:アレックス・ノース、作詞:ハイ・ザレット。この曲は様々な言語で500種類を超えるバージョンで録音され、20世紀で最も録音された曲のうちの1曲となった

 

曲名を見て、ぴんと来ない方もいらっしゃると思いますが、

1990年の映画『ゴースト/ニューヨークの幻』の主題歌に採用され、

全英シングルチャートで1位となるリバイバル・ヒットとなった曲ですね。

 

アンチェインド・メロディ

アンチェインド・メロディ

  • ライチャス・ブラザース
  • ポップ
  • ¥250

 

うれしいサプライズですよね。

2011年のツアーブログでしょうか。

浜田省吾さんが「アンチェインド・メロディ」と書いている

文章がありました。

一番ロマンティックな思い出はというと、
梅田の駅前あたりで、
中に入ると恋人達しかいない映画館で、
「ゴースト/ニューヨークの幻」を
新人マネージャーの新川くんと
二人で観たことかな。

あれ以来、「アンチェインドメロディー」は
オレにとってほろ苦くも大笑いの
歌になってしまった。

 

これが、どういった意味なのかわかりかねますが、

アンチェインド・メロディは浜田省吾さんの記憶に残る曲。

だということがわかります。

 

ON THE ROAD '86でのアンコール 「SWEET & SOUR MEDLEY」

(浜田省吾さんが10代の時に愛したROCK'N'ROLLやR&Bの洋楽のカバーメドレー)

でも歌われたようです。

 

当時の

大変貴重な

すごくリアルな

ライブレポートがあったんです。

チケットの金額が記載されていましたが、3800円。

貨幣価値が現在と異なるのはわかっていますが、

ものすごく ものすごく安かったんですね。

驚きです。

 

jiri.blog.so-net.ne.jp

 

アンチェインド・メロディ?ベスト・オブ・ライチャス・ブラザーズ