せとみぃ

ロックンロールに教わった事は「人と違っても自分らしくあれ!」ってことさ


北の大地から届いた 熱い浜田省吾への思い

こちらのブログは移転しました。

 水曜日です。

週の真ん中 水曜日。

その水曜日の朝、電車の隣に座っておられたサラリーマンさんが、

鮮やかな水色の道具をイジっておられました。

今思いだすと、

降車する前に片付けをされていたんだなと思います。

こんなものでした。

 

SONY CDウォークマン ブルー D-EJ002 L

SONY CDウォークマン ブルー D-EJ002 L

 

 

はっきり見えました。

水色。

そして、真ん中の特徴あるロゴ。

間違いなく コレですね。

こう言っては失礼ですが、

最近CDウォークマンを持っている方

お見かけする機会がありません。

なんだか、懐かしい匂い。。。

 

まだ若かった頃、貧しくて

SONYウォークマンを買うことができませんでした。

シャープやパナソニックを何度か購入。

やがて、テープからCDへ時代は変わり、

CDウォークマンも購入した記憶があります。

これも、SONYではありませんでした。

 

CDウォークマンは、CDを聞くためのものですが、

長時間になると 同じCDを延々とリピートすることに

なるんです。

だから、友達は何枚ものCDをケースに入れて

日々持ち運びしていたことを思いだします。

 

そのうち、CDウォークマンからMDウォークマンへ。

コンパクトでよかったけれど、とっても重たかった。。。

これも、シャープの商品でした。

 

SONYウォークマンシリーズは、憧れでした。

欲しくてたまらなかったです。

だけど、高くて買うことはできませんでした。

だから、今、

ポータブルオーディオプレーヤーでウォークマンが持てて

すごい うれしいです。

iPodは、高くて買えませんからw

 

浜田省吾さんは、1979年にウォークマンを所持していた

ということが、下記のブログに記されていました。

場所は、帯広です。

 

そんなに昔からウォークマンがあったということに驚くとともに、

浜田省吾さんからウォークマンを見せてもらったという筆者さん

いったい何者なんでしょう?

って感じです。

帯広からスタートする北海道の5カ所のコンサート・ツアーだったそうです。

 

文献を探してみましたが、

残念なことに見つけることはできませんでした。

1979年 7月10日 帯広市民会館
1979年 7月11日 札幌道新ホール
1979年 7月22日 福岡九電体育館

となっていますので、この辺りだと思います。

 

北海道には何人か浜田省吾さん関係の知人がいますが、

みなさん とっても熱いです。

blog.goo.ne.jp

 

 北海道と浜田省吾さんの記事を探していたら、

同じ方の

熱い

熱い

熱くてやけどしそうなくらいの記事がありました。

この記事を読んで、

この方が どんな職業だったのか想像できました。

 

blog.goo.ne.jp

 

この記事に2件のコメントがありましたが、

わたしも同様に胸を打たれたというか

すごく貴重なお話を知ることができて うれしかったです。

もし、わたしのように

このお話を初めて知った方がいて

喜んでいただけたならうれしいです。

 

風を感じて (ON THE ROAD '90 at KOMAZAWA UNIVERSITY MEMORIAL HALL)

風を感じて (ON THE ROAD '90 at KOMAZAWA UNIVERSITY MEMORIAL HALL)

  • 浜田 省吾
  • ロック
  • ¥250

 

MIND SCREEN

広告を非表示にする