読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の果てまで

思いだしてごらんよ あの日のロックンロール

名盤ライブ 渡辺美里『eyes』

 

おはようございます。

ここ数日、

目覚ましが鳴っているのか

鳴っていないのか

わからないまま眠り続けているわたしです。

決して二度寝ではないはず。。。

 

どうなっているんだろう。

目覚ましが壊れているのか

それとも、わたしが壊れているのか

それすらもわからないという。

そんなわたしですが、

ぼけーっとネットをしていて見つけました。

 

www.meibanlive.com

 

ポピュラー・ミュージックも“歴史”と言い得る歳月を紡いできました。
その短くない時間の中で、いくつもの名盤と呼ばれるアルバムが生み出されてきました。
今その名盤が新たな生命を宿し、胎動を響かせ始めています。
その象徴的な潮流が、アーティストたちが自ら奏でるアルバム再現ライブです。

エムオン・エンタテインメントは「再現LIVE」、「ドキュメンタリーBOOK・DVD」
そして「MUSIC ON! TVでのライブ番組」を通して、
再びその名盤たちの感動をお届けする【名盤ライブ】をシリーズとして立ち上げました

 

東京・大阪各2回公演のみで行なう名盤『eyes』
渡辺美里本人による全曲再現ライブです。
曲順はもちろん、アレンジも含めて可能な限り再現する予定です。

この貴重なライブをサポートするバンマスは、
当時このアルバムにも参加したギタリスト佐橋佳幸

同じくアルバムにアレンジャー、ミュージシャンとして参加した清水信之ほか、
渡辺美里を支えてきたメンバーが集結する予定。

また、来場者にはこのライブに参加された方限定の
ドキュメンタリーBOOK・DVDを
当日セットでお渡しします。

 

渡辺美里さんの「eyes」。

わたしも持っていました。

カセットテープで。

懐かしい思い出です。

 

この名盤ライブは、

冒頭の文章のように

アルバムを再現するというコンセプト。

これは、面白いなと思いました。

浜田省吾さんは、同様のコンセプトで

「 Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター」を行っていましたね。

 

小規模な会場で2日限り

参加者にはプレミアムなブックとDVD

 

チケット代 17,000円

 

高いようにも思いますが、

レアなアイテムみたいなのでファンにはたまらない一品。

行きたくても行けない人は多数

ということになりそうです。

 

 

 

 

 

レア

プレミアム

なコンセプトは とても魅力的ですが、

行きたくても行けないそういうファンが多数いる。

それを、アーティストにもわかってもらいたいです。

 

まさにお宝ですから、

後日DVDで販売するなり

名盤ライブのブックとDVDも販売するとか。

 

浜田省吾さんが、名盤ライヴをするとしたら

あなたは どのアルバムを選びますか。

 

名盤ライブ「eyes」

2016年3月12日(土)
東京 - Zepp DiverCity (TOKYO)

第一回 OPEN 15:00 / START 16:00
第二回 OPEN 18:30 / START 19:30


2016年3月20日(日)
大阪 - Zepp Namba (OSAKA)

第一回 OPEN 15:00 / START 16:00
第二回 OPEN 18:30 / START 19:30

 

このようなスケジュールで浜田省吾さんが演るとは思えないですね。

夕方からの1日2公演。

1ステージ90分として、2公演で180分。

3時間程度なら、1本分ってことになるんでしょうけど。

 

1本目と2本目では、

テンション

同じなのかといえば別もの。

それでも、参加したいのがファン。

気持ちは、痛いほど よーくわかります。

 

eyes -30th Anniversary Edition-

eyes -30th Anniversary Edition-

  • 渡辺 美里
  • J-Pop
  • ¥2500

 

悲しいボーイフレンド

悲しいボーイフレンド

  • 渡辺 美里
  • J-Pop
  • ¥250

 

eyes -30th Anniversary Edition-(完全生産限定盤)

eyes -30th Anniversary Edition-